ダイエットについて考えてみる。 食事に気をつけてみる

ダイエット中の食事レシピは計量を必ず守ろう!

投稿日:

スプーン

どうもコニチワ!

今回のテーマは『ダイエット中の食事レシピ』についてです。というものの今回は食事メニューではなく、レシピについて。

皆さんはダイエットをしている中でいろいろなダイエットメニューを参考にしていると思います。食材が体にもたらす効果やカロリーなど気にするところが本当に多いですよね。でもここで僕が一番言っておきたい事が一つあります。重要です。

 

 

『レシピ通り作りましょう』
 

 

まさにこの一言に尽きます。なんでこんな事を言うのかというとちょっと厳しい事をいいますが気を悪くせず聞いてください。

太っている人は「基本的に自分に甘い」からです。

通常体系の人は夜中にお腹が空いても「太るから食べるのはやめておこう」となるのですが、太っている人は「でもいいや 食べちゃおう」で食べてしまうのです。

それは食事のレシピでも同じ。鶏肉150gって書いてあるところを「ちょっと余っちゃうし」という理由で200gにしてしまうような事がありますよね?

その増えた50g分を味付けするために食塩の量も増えるわけです。もうこうなったら私から言わせれば「ダイエット失敗」です。

通常のメニューよりカロリーが低いからいいでしょ!と思う方もいると思いますがレシピ通り作らない時点で「心までもがデブ」な状態なんです。

カロリー的には別にまったく問題なくても今後あなたがダイエットを続けていけるかどうかの精神的な点に問題があるんです。

レシピ本に感謝し、上手く活用しよう!

万能

世の中にはダイエットメニューのレシピ本がいっぱいありますよね。これってめちゃくちゃありがたい本なんです。

栄養士の資格も知識もない素人が簡単お手軽に自分でカロリーを計算できて、料理なんてしたことのない僕みたいな人間でもちゃんと料理できちゃう最高にありがたい本なんです。しかもレシピ数の多い事多い事・・・!

私はいつもこう考えてました。

 

 

この本を真剣に考えたこの人を裏切れねぇ

 

 

ここまでいったらバカだろと思われるかもしれませんが本当に実践してました。鶏肉が150gと言われたら150gなんです。160gでも140gでもないんです。150gなんです。

絶対計量して料理を作っていました。この『絶対計量』をする事によって以下の効果がありました。

・計量する事によってカロリー計算がしやすい。
・カロリー計算しやすい事によって運動量も調節でき、ストレスにならない。
・だらだら料理しない事によって「作ったぞ!」という気持ちになる。
・作ったぞ!という気持ちの満足感が高く、間食に繋がらない。

そうです。いいこと尽くしなんです。

塩コショウ 適量には泣かされたのはいい思い出。適量とはいったい・・・ウゴゴゴ

みなさんはちゃんと計量して減量メニューの食事を作っていますか?もしざっくばらんにやっているのなら一回ちゃんと計量して作ってみましょう!なにより自分の甘い心に打ち勝ってダイエットを継続していきましょう!

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 食事に気をつけてみる

Copyright© デブ革命 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.