ダイエットについて考えてみる。 プロテインやサプリを使ってみる 間食について考えてみる。 食事に気をつけてみる

低GI食品を食べて、ダイエットしやすい体へ。

投稿日:

どうもコニチワ!

今日のテーマはGI値についてです。

以前体脂肪を燃やそう~食事編~でGI値について簡単にご説明しましたが今回はそのおさらいと身近にある低GI食品についてお話ししたいと思います。

さて低GI食品とはいったいなにか?

GI値とはグリセミック指数の略称で食後血糖値の上昇度を示す指数の事。GI値が低い食品では糖質がゆるやかに取り込まれ、血糖値の上昇も穏やかになるため糖はすみやかに全身の細胞に吸収されるのです。

つまり低GI食品は・・・

糖の吸収が穏やかになり糖を脂肪に変えるインシュリンの分泌を抑える事ができる。脂肪の製造が抑えられるのでメタボやダイエッターに最適な食べ物になる!ちなみにGI値が49以下で低GI食品となる。

ダイエッターにとってこれ以上に心強い食べ物はないでしょう。

キノコや緑黄色野菜、大豆などが低GI食品の代表格です。大豆といえばCMでも有名な食べ物がありますよね。

ソイジョイです。どこでも売ってますし、カロリー計算もしやすく、何より美味い。コンビニで買うと130円ぐらいしますが、ネットで買うと100円以下で買えるというナイスなお値段も手軽に買いやすいイイとこ突いてきます。

カロリーも一本約120~130カロリーぐらいだったので調整しやすいですよね。味によって糖質・食物繊維などが違いますので、気になる人は栄養成分表をしっかりみて自分にあった味をチョイスしましょう!

セカンドミールを実践してみよう!

セカンドミール効果とはGIの提唱者の博士が発表した概念です。最初に取る食事(ファーストミール)を低GI食品にすることで、次に食べた食事(セカンドミール)の血糖値の上昇を抑えられる!っていう事を証明し、提唱している人です。

ダイエット中だと「食べちゃだめだ!」とか思って、極端に制限しその後に「今日はいっぱい我慢したから食べていいよね!」と高GI食品を食べてしまうと本末転倒なんですね。

なのでここはあえてソイジョイなどの大豆系統の低GI食物を食べる事によって次に食べる食事の糖の吸収を抑えるという方法が有効なのです。

かくいう私も実はこのセカンドミールを実践しています。私の場合はこんな状況からでした。

・110kgから75kgになったはいいけどなんかポチャポチャしてる。
・食事制限に飽きてきた。
・筋トレは楽しいけど、明らかにエネルギー不足の時がある。
・甘い物食べたい。←これ最重要な

こういった状況から一旦ダイエットのすべてを見直そう!という事であえて食事の前にソイジョイなどを食べて脂肪の発生を抑制する事に専念しています。ソイジョイを食べただけでは痩せはしませんが、こういった食事の組み合わせで改善できることはたくさんあります。

みなさんもぜひ食前の空腹には我慢をしないでソイジョイを食べてみてください。腹持ちも良いので本当におすすめですよ!

(おいしいからって食べ過ぎには注意ダゾ!)

こちらもおススメ!→【低糖質】ソイズケアバーを食べてみた感想【低GI食品】

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ダイエットについて考えてみる。, プロテインやサプリを使ってみる, 間食について考えてみる。, 食事に気をつけてみる

Copyright© デブ革命 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.