トレーニングをしてみる。

加圧トレーニングジムに行ってみた。

投稿日:

筋トレ

どうもコニチワ。

30kgのダイエットに成功した僕です。(自慢)

痩せたはいいけど、もっと男らしいたくましい体へ変貌させようと思い、加圧トレーニングのジムに入会してきました。

1ヶ月にたった8日間、合計8.5時間のトレーニングでしたが、結果からいうと・・・

 

 

行って大正解でした。

 

 

どう変わったかというとずばり「今までの人生で見た事ない筋肉あるんですけど・・・」状態。

こ、こんな少ない時間でこんな結果得てもいいの?と思ってしまうぐらい嬉しかったです。

特に変わったのは以下の3点。

・二の腕のプヨプヨがあれ!?なにこれ硬い!

・脇腹の肉が・・・あれ!?少ない!?あれ?硬いぞコレ!

・胸板が・・・あれ!?知らないんですけど!この筋肉!なんすかこれ!?

本当に卑猥な意味ゼロで「硬く」なりました。加圧トレーニングすごい!万歳状態です。

ここで加圧トレーニングと言われてもイマイチぱっとこない方に簡単な説明。

 

【加圧トレーニングとは?】

 

腕、太腿を加圧ベルトで適切な圧力で締めることで、運動により得られる効果を増幅させる事ができるトレーニング。

加圧することで、筋肉はハードなトレーニングをした時と同じ状態になり、成長ホルモンの分泌が通常時の100倍~290倍も分泌されます。

血流の制限を行なうことで、筋肉への負荷を大きくし、より短時間・軽い負荷の運動で効果を増幅させることができるとの事。

たしかに家でやるダンベルよりジムで行うダンベルトレーニングの方がはるかにキツカッタ。

トレーナーいわく乳酸が逃げ場を無くすので負荷が大きくなって短時間でより効果的なトレーニングになるんだよ!って事でした。

またこの加圧ベルトってのがクセになる。

トレーニングが終わってベルトを取るときが気持ちいい・・(笑)血流が「わーい^^」って感じで流れる感覚です。

そしてトレーナーさんから聞いた情報。

加圧トレーニングは女性にうってつけ

理由は説明にも書いてある「成長ホルモン」の分泌量。

美肌やアンチエイジングに必ず出てくる「成長ホルモン」の分泌は年齢を重ねる事によって減ってしまうのですが、加圧トレーニングであればとても得られやすいとの事。

たしかにジムの男女比も女性の方が多かった気が・・・というか男、僕しかいなかった気がするよ。

そんなこんなでしばらくはこの加圧トレーニングを続けてみようと思います。がんばってきます。

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-トレーニングをしてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.