ダイエットについて考えてみる。

自分は太っている?神経質になってしまう人へ。

投稿日:

飽き

『アタイ、太ってる・・・』

 

どうもコニチワ!

先日、友人夫婦に夕飯に招待されてお邪魔してきました。両家の親御さんや旦那妹もそこにいて、

 

「なぜ血縁関係のない俺がここに・・っ!?」

 

というなんとも不思議な立場での夕食でした。

まぁ旦那も奥さんも20年来の友人で、小さい頃からご家族とも仲良くしてもらってたので、こうゆうのもありかなぁと感じました。

これじゃただの日記ですが、問題はここから。

私が39kgも痩せたのでみんな驚きが隠せない様子。

お父さんからは「病気なのか!?」と心配され、お母さんに関しては始めは私が誰なのか気づいていない。

そこで異様に私に喰いついたのが「友人妹」です。アリゲーターも引くぐらい喰いついてきました。私にこう言うんです。

友人妹「ねぇ私太ってるよね?太ってない?」

私「普通じゃないか?太ってる風に見えないけど?」

友人妹「いや!太ってる!」

私「だから普通だっていってるじゃないか。」

友人妹「笑ってる!」

 

もう彼女の中で答えが決まってるんですよね。

 

自分は太っていると決め込んでいる。

私は本当に普通体系にしか見えないし、そう思って言っているんですが、どうにもこうにも信じてくれない。もうイタチごっこです。

だったら服を脱いでおじちゃんにその体をみせてごらnうわわすいませんけいさt

こういった内容ってYAHOO知恵袋でもよく見ますよね。高校1年生です。みたいな感じで自分の写真をUPして太っているか客観的な判断がほしいみたいな質問。

大抵の人は興味を持たないような質問です。

でも本人からしてみればめちゃくちゃ真剣。気になり始めてもうにっちもさっちもいかない状態。

視野・思考が狭くなり、「自分は太っている」と思いこんでしまっている。人と会うのも億劫になり、人目につかないようになってしまう。

 

実はこの状況は僕も経験あります。それは高校生の時。当時僕はハゲているのではないか?と随分悩みました。

結論からいうとハゲてはいなかったのですが、上記の友人妹と同じで「もう決め込んでいる」んですね。自分はハゲていると。

高校生で毛髪専門のクリニックは親権者の同意が必要で気軽に行けないんです。

行きたくても行けず、本当にどうしたらいいか悩みました。

なんでこんなつらい目に・・・なんで高校生でハゲで悩むんだよ・・・とんでもなく神経質になってほんの少しでも地肌が見えるともう家からでない。そんな状況です。

 

問題なのは思い込みが限度を超えて日常生活に支障が出始めた事。

 

こういった思い込みって周囲の人間に話すことによって解決できれば、とても良いことなんですが、大抵は「私に気を使って言っているんだ!」みたいな感じに思い込みが激しくてなってしまうんです。

じゃあ答えなんてないじゃんとなるんですが、誰かが一緒に客観的にその状態を見てあげるしかないと思うんですよね。

本人は「自分は太っている」と頑なに決め込んでいる状態なので、1人では客観的に見れないからです。

もし周囲にこういった極度の思い込みで悩んでいる人がいたら一緒に客観的に見てあげる事をしてあげてください。

友人妹よ。39kg痩せたオッチャンを信じろ。

 

おい!だれがオッチャンだ!ヤングじゃい!

 

あと俺ハゲてないよね?

 

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.