ダイエットについて考えてみる。 トレーニングをしてみる。 自転車で運動してみる。

冬のスポーツウェアで重視するポイントはこの3つ!

投稿日:

ども コニチワ!エトです。

すっかり寒くなりまして、秋口とはいえ朝夜は冷え込んできますね。ロードバイクでサイクリングロードを走っていると余計にその寒さが身に沁みます。

IMG_20171103_225145 (1)

『朝方の利根川は超寒い』
 

そんな寒さにも負けず、外でウォーキングだったりランニングをしているダイエッターもいると思います。

外気が寒くなれば当然暖かくしようとするのですが、今まで運動をしてこなかった人が陥りやすいスポーツウェアの間違った選択があります。

そんなわけで今日は『冬のスポーツウェアはどんなものを選択すればいいのか?』についてお話していきます。

ダウンジャケット・ヒートテックはNG!

さてサブタイトルで『え!?』と思った方もいるのでは?

 

 

冬→寒い→ヒートテック!
 

 

この選択肢のどこが悪いんだ!ぶんなぐるぞ!となるかもしれませんが、ちょっとまって。ぶつのはやめて。

冬でも運動をすれば少なからず汗をかきますよね?

ヒートテックはレーヨンという素材が含まれて出来ているのですが、この『レーヨン+汗』が問題なんです。

というのもレーヨンは吸収性・保温性が高い代わりに、速乾性がとても悪いです。

汗を吸い込んだウエアは濡れた布と同じ。

その汗に濡れた衣服が外気に触れて冷えるとお湯が冷えると水になるように、全力で体を冷やしてきます。これが冬のダイエッターにとっては致命的です。

体が冷えると確実に動きが鈍くなり、汗冷えというのは夏バテなんかより圧倒的にダイエットにとって防ぎたい現象です。

吸収性に優れている!保温性に優れている!そんな風に聞くと聞こえは良いけれども、『汗』と『冷気』という環境が加わると一気にその恩恵を受けられなくなるどころかダイエッターにとってはマイナスでしかない物質になります。

ちなみにダウンジャケットも同様で通気性が悪く水分の逃げ場がないので一度冷えてしまうと体と衣服の間に冷気が滞留しているのと同じ事になります。

重視するのは速乾性と防風性と通気性

上記のお話から冬のスポーツウェアにおいて重視するべきは・・・

汗をかいても冷え込まないようにする『速乾性に優れた』のウェア

冷気が入り込まないようにする『防風性に優れた』のウェア

汗や熱気がこもらないようにする『通気性に優れた』ウェア

この3つのポイントを抑えたスポーツウェアをチョイスするのがベストです。

防風性と通気性は反比例するように感じますが、防風性は体前面(お腹側)。通気性は体後面(背中側)の事をさします。

汗冷えは体が熱を発してそれが冷え込むことで発生しますので、熱は発生させても滞留させることなく、背中面から熱気を排出しないと汗冷えし続ける事になります。

逆にお腹面は内臓が多くありますので冷え込まないようにしなくてはいけません。臓器を冷やしてしまうと痩せる痩せない以前に体調を崩します。特に女性は臓器を守ろうと脂肪が付きやすいので注意が必要です。

文字にするとちょっと大げさに感じるかもしれませんが、冬でも効果的にダイエットをするために、このスポーツウェアの『速乾性』『防風性』『通気性』の3つは重視するべき点なんです。

夏はどんなに暑くてもスポーツドリンクを飲んだり、頭から水をかぶって暑さをしのぐ事ができますが冬はそういった事ができません。

ホットコーヒーをごくごく飲みながらジョギングする人はいないし、熱湯を頭からかぶって『イェアッ!フゥッ↑』って言う人はいないでしょ。

運動で効果的・効率的にダイエットするためにもスポーツウェアでの汗冷え対策や不快感は排除するに限ります。

そんなこんなで次回はロードバイクで冬も激走し続ける私がおススメする冬のスポーツウェアのお話です。

スポーツウェア
【運動ダイエッター必見!】冬のスポーツウェアの選び方!

どうもコニチワ!エトです。 前回の冬のスポーツウェアで重視するポイントはこの3つ!は読んでくれました ...

続きを見る

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, トレーニングをしてみる。, 自転車で運動してみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.