ダイエットについて考えてみる。 停滞期について考えてみる。 糖質制限ダイエットを考える。 食事に気をつけてみる

糖質制限。下手にやると逆に太ります。ストレス解決編。

投稿日:

どうもコニチワ!

前回の問題編の内容を解決すべく今日は役に立つお話しを書いていきます。

まずは糖質制限ダイエットによって起こる問題をおさらいしましょう。

・糖質制限によって起こる便秘。

・ストレスによるドカ食い。

・見た目の悪い体系

上記の3点でしたね。

それでは今回はストレスによる問題と解決方法を見ていきましょう。

糖質制限のリバウンドは半端じゃない!?

150711148887-thumb-815xauto-19209

ダイエットに失敗してリバウンドしちゃった~なんて事をイヤというほど聞きますよね。

そもそもなんで『失敗』するのか?

思い通りに減らない体重に対してのストレス
キツイ運動へのストレス
大幅な食事制限へのストレス

 

理由を上げればキリがありませんが、どの場面でも「ストレス」によダイエット失敗はつきものですが、特に多いのは食事に対するストレスではないでしょうか?

その中でも糖質制限ダイエットは最強クラスのリバウンドをします。

なぜか?

人間の重要なエネルギー源である糖質が入ってこなくなることで少ないエネルギーでも生命を維持していけるように身体を適応させてしまうのですが、この状態、いわば省エネ状態の体になってしまうと・・・

普通の食事に戻しても、普通の糖質量を体が「普通の量じゃない!」と勘違いして体内で消費しきれずリバウンドしてしまうんです。

もはや普通の食事すらこんな状態なのに、ストレスによってドカ食いやヤケ食いしてしまうともう目も当てられない事態になってしまいます。

 

食事へのストレスを解消するためには?

ダイエット中に食事に対しての不満があるという方はとても多いでしょう。

痩せる為には自分がどれくらい食べてもいいのか?どんな食材を食べてもいいのか?

この事が分からないと本当にストレスが溜まります。それは「答えがわからない」からです。

絶対に痩せたいと思っているのに絶対痩せるか分からないままダイエットしているのは暗闇の中を明かりも付けずに歩いてゴールが見えないのと同じ。

特に過度な糖質制限をすると知識のない人はなにも食べれない状態になると思います。ゴールへの道のりも分からず、何を食べていいかも分からず。

そんな苦行はあなたのダイエットには一切必要がありません。食事へのストレスを軽減させる方法を見ていきましょう。

 

自分の基礎代謝量を知る。

 

基礎代謝量とは・・・

運動などをしていない安静にした状態でのエレルギー代謝の量の事を指します。ゴロゴロしてても、アクビしながらTV見ててもエネルギーは常に消費されます。ネットで基礎代謝量と検索すれば大体の自分の基礎代謝量を計算する事ができるので、まずは自分の大体の基礎代謝量を知ることから始めましょう。

 

1日に摂取してもいいカロリーを計算する。

 

大まかな自分の基礎代謝量が分かったら、基礎代謝量より多めのカロリーの1日の食事のメニューを考えてみましょう。ん?まてよ?基礎代謝量で消費する分のエネルギーより
摂取するカロリーが多いと太っちゃうじゃないか!と思った方。そうでもないです。

基礎代謝量は安静にした状態でのエネルギー代謝の量なんです。1日中全く動かず安静にしてる人っていますか?学校・仕事・遊び・スポーツ・買い物どれにしたって歩いたり、走ったり動きますよね?

それらの活動は基礎代謝量には含まれないんです。

ちなみに私の1日の基礎代謝は約1740kcal。運動や仕事などで消費されるカロリーを合わせると1日約3500kcal消費します。

1日3500kcal消費する私が1日の摂取カロリーを2500kcalに抑えたとしましょう。人間は約7200kcal消費すると1kg痩せますので私は1週間で1kg近く痩せる事になります。

この数値はあくまで単純計算ですし、おおまかな数字です。環境・体調・食事で摂取する成分などで変動しますので100%正解とは言えませんが、間違いなく指標にはなります。

この指標を参考に体重の増減を確認しつつ食事量を調整していきましょう。

そしてやってはいけないのが摂取カロリーを基礎代謝量より低くする事。摂取カロリーを基礎代謝量より低くするには断食・小食・過度な糖質制限があります。急激に痩せる効果はありますが、その先にあるリバウンドの恐怖は先ほど書いた通り。

 

カロリー計算はおおまかでいい。

 

カロリーを計算しよう!とか偉そうに言っていたクセに

 

おおまかでいいよ(ハナホジ)

 

という私ですが、これにはちゃんとした理由があります。ダイエット中はついついカロリーを気にして細かく計算しがちですが、これはズボラな人にとってかなりストレスです。

これが284キロカロリー!

あれが311キロカロリー!

それが127キロカロリー!

 

うんざりしちゃいますよね。大体でいいんです。私だったら・・・

これが280~310ぐらい!

あれが300~330ぐらい!

それが100~130ぐらい!

 

てな感じでカロリー計算をしています。これでも自分の中では最大限努力して計算しています。とにかく細かい数字までのカロリー計算はめんどくさい!

 

このカツ丼!1杯50キロカロリー!

 

って言い出したらちょっとアレですけど1食品30キロカロリー前後の誤差は大した問題ではないと知りましょう。ダイエットは「がんばるけどがんばらない」ぐらいがちょうどいいんです。私はそんな感じで痩せていきました。

次回は『糖質制限による見た目の悪い体』についてです。これもめちゃくちゃ大切ですので絶対見てくれよな!

 

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 停滞期について考えてみる。, 糖質制限ダイエットを考える。, 食事に気をつけてみる

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.