ダイエットについて考えてみる。 皮のたるみについて考えてみる。

コンプレックスを無くそうとしているのに、増やしてどうするんだという話。

更新日:

どうもコニチワ。エトですよ。

ここ最近、皮のたるみや肉割れ痕を克服する話に対して質問や反響が多いので改めてそれらについて書いていこうと思います。

さて、太っている人のほとんどは自分の体系に対してコンプレックスを持っていますよね。負い目というか隠したいというか。

そのコンプレックスを無くそうと思ってダイエットに励むわけですが、最近『この人の言っていることは絶対に私には理解できない』という人がいたのでその話と併せてコンプレックスについてお話ししていきたいと思います。

『皮のたるみは頑張った証明』という本末転倒な話。

サブタイトルでもう疑問しか残らないのですが、その人はダイエットをすごい頑張ったわけですよ。

体重も20kgぐらい痩せてすっかり見た目は痩せたわけです。しかしですよ。服を脱ぐとまぁひどい皮のたるみと肉割れ痕があるわけです。

それを嬉々として自慢して「いやぁがんばりました!」とか言っているんですよね。

その人がそれを良しとすれば、これ以上いう事ないんですけど私はその人をみて全くダメじゃんと思ったわけです。

たしかに痩せたけど、新たにコンプレックスを増やしてどうするんだ?なにが成功なんだ?全然失敗じゃんと思ったわけです。

だるんだるんに伸びきった皮と肉割れ痕が至る所にあるわけです。

 

 

誰がどう見たって失敗でしょ。
 

 

皮のたるみは成功者の証!なんて言っている人もいましたけど、私は全く思いません。むしろそんな風に思えるおめでたいアタマがあればもう少し楽に生きられるのかな?とうらやましくも思います。

君はいつか服を脱ぐ時が来る。

リアルな事書きますけどね、人はいつかは誰かの前で服を脱ぐ時が来るんですよ。

銭湯とか海とかもそうですけど、恋人の前でいつかはそうゆう場面になるわけですよ。そんな時にですよ、

 

 

皮だるんだるんだったらどうします?

 

 

こういった事書くと心が卑しいとかその人の内面を見るべき~と言うやつが現れるんですけど、死ぬほどそういったキレイゴトが嫌いな私は本心を書きますが、相手が皮だるんだるんだったら絶対萎えますよ。

 

 

絶対萎えますよ(2回目)

 

 

自分はダイエットを頑張ったんです!だから皮のたるみはしょうがないんです!むしろその頑張りをあなたは否定するんですか?と言われても、『そんなこと知らねぇし』で終わりですよ。

ダイエット頑張った!というとやたら褒められる風潮がある世の中ですが、私から言わせればずっと太らない人、太らないようにしている人の方がよっぽど偉いと思いますよ。

不良が1回ゴミ拾いしたら実は優しい人なのかもと思うかもしれませんが、毎日ゴミ拾いして歩いている人の方がよっぽど褒められるべきですよ。

ダイエットは痩せるだけじゃない。

実際、私は皮のたるみや肉割れ痕は『ダイエット成功者の証』なんて一切思っていません。むしろ・・・

 

 

サボった証明
 

 

だと思っています。

ダイエットは体重を落として痩せるだけではなく、皮のたるみ・肉割れなどなど様々な問題に向き合い、解決していかなくては成功とは言えないと考えています。

もう一度言いますけど、恋人が服を脱いで皮だるんだるんだったら萎えますよ。間違いなくね。

今回はかなり嫌な言い方が多いお話しですが、ズバリというかオブラートを一切排除した話なんですよね。

言い方きつくて心苦しいという気持ちもあるんだけど、これが事実なんだよなぁという気持ちもあるわけです。

皮のたるみ・肉割れ痕を残したくないと思うなら下記記事を参考してください。

たるみ男
皮のたるみを残さない為に私が実践した4つの事~まとめ編~

どうもコニチワ。 デブ革命の中の人、エトさんです。 先日からアップさせていただきました、ダイエットに ...

続きを見る

しばらくの間、この皮のたるみと肉割れ痕の克服についていろいろ書いていきたいと思いますので気になる人は読んでみてください。それじゃ今回はここまで!バイなら!

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。

「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」

ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。

フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 皮のたるみについて考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.