ダイエットについて考えてみる。 習慣について考えてみる。

【下半身太り】太ももを細くしたいならココに注目【ダイエット】

投稿日:

ふともも

『太ももに隙間欲しい』
 

なんという力強い欲望。どうもコニチワ。エトです。

太ももの間に隙間って女性なら絶対ほしいよね。やっぱり女性の足を見た時に隙間がある・ないって印象が大きく変わる気がしますよ。

隙間がないとボテっとしてる風に見えるのは間違いないです。

さて、世の中にはこうすれば太ももが細くなる!とかマッサージで細くなる!とかいろいろありますよね。

ツイッターでも大人気の足パカとかそうゆうのです。

これが効果があるかないかでゆうのなら、どれもちゃんとやれば効果はあると思うんですよ。でもどこもかしこも細くなる方法しか教えてくれません。

細くなる方法を知る事・実践する事も大事ですが、なにより大事なのは・・・

 

 

太くなった原因を解決する事です。
 

 

いくら足を細くするために足パカをやっても、太くなった原因を解決しなかったら結果はプラスマイナスゼロなわけですよ。だからいくら頑張っても変化が訪れないんです。

これってダイエットでも同じですよ。みんな痩せる方法ばっかり調べるけど、まずは自分がなんでどうやって太ってしまったのか?その原因を詳しく分析する事が大事です。

『食べすぎたから太った』ではなく『どうして自分は食べすぎたのか?』と自問自答を繰り返して本当の問題点を見つけ出し解決する事が大事です。

さてちょっと脱線しましたけど、今日は若年層に多いだろう下半身太りの原因と解決についてお話していきます。

かわいいけど君にとってはかなりのデメリット

女の子ってやっぱりだれからもカワイイと思われたいですよね。そりゃそうだ人間だもの(みつお)

でもそのカワイイを演出する為に多くの若い女性が取っている行動があるんですよ。

うちまた

下半身太りの根源『内股』
 

みんなやってるでしょ?内股。

若い子向け雑誌のモデルさんはほとんど内股じゃないかな?と思い、ネカフェで30歳過ぎたオッサンがポップティーン的な雑誌を読んできたんですよ。

傍から見ればもう頭オカシイ変態ですよ。そんでもって・・・

 

 

見事にみんな内股だったね。
 

 

もう内股通り過ぎて、『お前、足折れてんじゃね?』ってぐらい内股でした。

まぁ可愛く映るからモデルさんとしてはそれはそれで正解なんでしょうけど。

でもこれってカワイイからって真似ると大変ですよ。

私は内股って下半身太りの最大の原因だと考えているんです。

内股になると、『浮足』っていう状態になるんですがみなさんお気づきですかね?これが下半身太くなる本当の原因。

浮足は足の親指から土踏まずまでに力が入らないので、体を支える為にお尻から太ももに必要以上に力が入り、無意識のうちに踏ん張っているわけです。

そうなると歩くだけなのに筋肉が必要以上に使われるのでどんどん太くなるって事です。

これ内股ではない人が意識的に内股をやるとすぐにわかるんですよ。太ももからお尻までが動いているなって。

筋肉が大きくなるメカニズムって『使って休んで使って休んで』の繰り返しでどんどん大きくなるので、内股で歩くだけで毎日微妙に筋トレしているような状態です。

そんでもって意識的に鍛えている筋肉じゃないからすぐに脂肪に変化しちゃったりしてさ。

 

塵も積もれば山となる。
 

それが下半身太り。
 

そして内股の何が怖いって『クセ』になることだと思います。毎日誰だって歩くのだから余計にタチの悪いクセなわけですよ。内股って。

クセって一度つくと治すのすごい大変なんですよ。意識的にしていた内股が無意識になってしまうようになったら真剣に矯正を考えましょう。

今は内股でもよいお年頃でも大人になっても内股じゃちょっとかっこわるいぞと思うんですが、どうでしょ。

下半身太りがイヤだったら今後の自分の為にもクセを治す事を専念しましょう。

そんなわけで今回は下半身太りの原因の1つ『内股』についてお話しました。

【今日のおさらい】

・細くなる方法よりまずは太くなった詳しい原因を知る。

・内股はカワイイけど足太くなるよ。

・写真撮る時だけ内股でいいじゃん。

・悪いクセは治そう。すぐに。自分の為に。

次回は下半身に注目した『ダイエットに効果的な歩き方』についてお話しようと思います。

ウォーキング
痩せる為にダイエットに効果的なウォーキングをしよう!

どうもコニチワ。エトです。 前回の記事は読んでくれましたか?読んでいない方はまずは前回を読んでから今 ...

続きを見る

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 習慣について考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.