ダイエットについて考えてみる。 習慣について考えてみる。

睡眠不足。実はダイエットの大敵だった。

投稿日:

睡眠1

どうもコニチワ!

今回のテーマは「睡眠不足」について。

今日は加圧トレーニングの日だったのですが、どうにもこうにも寝不足でいつも以上の力が出せず疲労感満載でのトレーニング内容になってしまいました。前回より良い結果を出そうと思っていたのにちょっと反省。

睡眠不足がダイエットやトレーニングに良くないのは聞いたことあるけど、詳しくは知らないのでちょっくら睡眠不足について調べてみました。

睡眠不足が太る理由

睡眠不足で太る理由は、主な2つの理由。

1、摂取カロリーの増加を招く

2、消費カロリーが低下する

何故摂取カロリーや消費カロリーに変化が起きるのかというと、睡眠不足により食欲をコントロールするホルモンの分泌異常が起こるから。

人の食欲や代謝を司るホルモンには、「レプチン」と「グレリン」があるらしく、この2つのホルモンにはこんな役割があります。

レプチン

脂肪細胞が体内に増えると脳に働きかけて食欲を抑え、エネルギー消費を助ける。

グレリン

食欲と血糖値上昇を促す。

研究によると、1日の睡眠時間が5時間の人は睡眠時間が8時間の人に比べて血中のグレリンが14.9パーセントも多く、レプチンの量は15.5パーセントも少ないという研究結果がでたようです。

つまり睡眠不足になると・・・

食欲を抑えるホルモンが減って、食欲を増進させるホルモンが増える。

ち、ちくしょう!深夜にラーメンを食べたくなるのはこのせいか!

グレリンも立派で重要なホルモンなのに太る原因みたくされててカワイソウ!

睡眠不足は基礎代謝を落とす原因

睡眠不足が太る理由として、体の基礎代謝が下がるということも原因の一つ。

睡眠不足の人の体はエネルギーを消費する際に、脂肪を蓄積して筋肉を優先的にエネルギーに変換しているらしい。
つまり筋肉量が減ってしまって基礎代謝も落ちてしまう。
基礎代謝が落ちるとカロリーが消費されにくくなるし、太りやすい体質になってしまうという訳か・・・。

さらに注目したいのが睡眠不足になると血液中にインスリンが残りやすく脂肪の製造を高めてしまうとの事。インスリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれていて体内の糖を脂肪に変える役割をもっています。

以前ボディビルダーの人が睡眠をしっかりとらないと筋肉が成長しませんよ!と言っていた動画を見た事ありますが、こういう事だったんですね。

もっと集中してみておけばよかったぜ!すまねぇビルダー!

インスリンも立派で重要な作用なのに太る原因みたくされててカワイソウ!

質の良い睡眠を取ろうぜ!

睡眠2

ダイエットや筋トレに影響がでるばかりじゃなく、疲れが取れず普段の仕事にも悪影響が出てしまう睡眠不足。

いくら寝ていても電気つけっぱなしで寝たり、パソコンの電源を切らずに作動音がしていたり、枕元にスマホがあったりすると思ってる以上にしっかり寝れないものですよね。(深夜にソシャゲーのお誘いみたいなlineで起こされると頭クルよね。)

睡眠不足に陥ったらこういった文明の機器とかを思い切って身の回りから放してみるのも有効な手段ですよね。旅行に行って道に迷ってもスマホがないから現地の人に聞くしかないし実際に喋ってみないと気づかなかったその場所の良さっていうのもあるかもしれません。

現地で地図を買うという最高に旅してるぜっていう気分も味わえるし、お店とかに置いてあるパンフを読むという贅沢時間がまた体験できるかも。

モバイル機器無しの旅行、楽しそうだな・・・!

ワクワクが止まらないが今日の所は寝るぜ!グッナイ!

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 習慣について考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.