ダイエットについて考えてみる。

心までデブになる前に。

投稿日:

shokusekatsu

今日は食べすぎたから夜ゴハンは菓子パン1個で調整!
 

どうもコニチワ!

今日は「調整する」という点のお話をしたいと思います。どうです?あなたは上の発言を見てどう思いますか?

もはや何を意図しているのか、なんの観点から調整と言えるのかがさっぱりわかりませんが、実際こういった人かなりの数でいます。

このお菓子や菓子パンで調整と言っている人たちが「カロリーコントロール」という点で調整と言っているのであればかなりの愚行です。

たしかにダイエットというのは摂取カロリーと消費カロリーの単純計算で言えば痩せることができます。

ですがそれ以上にダイエッターが考えなくてはいけない事があるのをこの人たちは分かっていないんです。

ダイエットとは心と考え方の改善

心

ダイエットをする理由はなんですか?を聞かれてほとんどの人は「痩せるため」と答えるでしょう。ではなんで太ったのですか?と聞かれて「昨日目が覚めたら20kg太ってました」という人はいないですよね。

太った理由は日々の食生活がだらしないから太ったわけであり、いきなり太る事はあり得ません。毎日のだらしない日々が積み重なり結果的に太ったんです。つまりは・・・

 

 

意志が弱い人達が太るんです。
 

 

太っていない人は夜にお腹が空いても「我慢しよう」で済むのですが、太っている人はお腹が空いたら昼夜問わずコンビニに行ってお菓子買って食べるんです。

欲求に対しての防御力みたいなものが欠落しているんです。

この意志や決意たるものを徹底的に叩き直す事をせずしてダイエットは成功しません

そもそもダイエットメニューにお菓子や菓子パン、ジュースという存在がでてくる時点でおかしいんです。(お菓子だけに)

では上記の菓子パン1個で調整!と言っている人を思い出してみましょう。

この人が調整できるほどの意志があると思いますか?

ダイエットだというのにお菓子や菓子パンすらやめる努力もしていない人間がたった菓子パン1個で夕食になるでしょうか?

本人が言う『調整』ができるでしょうか?

 

 

絶対お腹すかして夜中食いますよ。
 

 

ダイエッターが最初から最後まで戦う相手はお菓子や菓子パンです。

はっきりいってコイツ等の『おいしさ戦闘力』は最強最悪クラスですから食べたら勝ち目はないです。

だったらそのお菓子や菓子パンを寄せ付けない、そういった場所にいかない事を徹底しなくてはいけませんし、それ以上に食べないぞという強さを自分自身で鍛えぬかなくてはいけません。

自分の甘さを断ち切る精神は自分自身でしか鍛えることはできません。

菓子パンを食べない為にだれかに監禁されるわけにもいかないでしょう。

お菓子や菓子パンを食べない!まずはここから!という考え方が出来ている人、意識している人はこの考えと心の強さがダイエットの最後の最後まで活きてくるはずです。

ダイエッターにとって1つの得もない菓子パン

150711148887_TP_V1

菓子パンというのは糖質・脂質以外の栄養はサッパリありません。食物繊維もビタミンもミネラルも笑ってしまうぐらいありません。

市販されている菓子パン1個で約350~500kcalだと思いますからこのカロリーで栄養に優れた食事をするのが最適なんです。

摂取カロリー重視の食事ではこれらの栄養素が欠けてしまい、代謝も下がって体重が落ちにくくなりダイエットの期間も長くなりますし、モチベーションの低下もあり得ます。

ちなみに糖質・脂質が栄養と先ほど書きましたが、それらの栄養も摂りすぎればただのデブの素ですから。

もう一度言いますけど、本当に痩せたいならお菓子や菓子パンという存在をダイエット中に食事として食べる選択肢はあり得ないです。

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。 「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」 ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。 フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.