こんにゃく米を食べてみる。 ダイエットについて考えてみる。 糖質制限ダイエットを考える。 習慣について考えてみる。 食事に気をつけてみる

【実践向け】糖質やカロリーを抑えてお米を食べる方法。

更新日:

どうも コニチワ。エトです。

今回はダイエット中の『制限』という言葉にスポットライトを当てていこうと思います。

ダイエット中の制限と言えば、『食事制限』『糖質制限』というワードが簡単に出てきますね。

どちらも制限というだけあって『本当は食べたいけど、痩せる為に我慢』というスタンスです。

この我慢というのは性質的に短期間のみでしか実行する事ができません。

我慢の連続が過ぎるとストレスが溜まって、ドカ食いしちゃって、気が緩んでそのままズルズルとダイエット失敗!なんて事に直結していきます。

常に心が疲弊するようなストレスを抱えているとダイエットは本当にうまくいきません。自分自身に腹が立ったり、他人に当たってしまったり、ダイエット環境にイラついたり。

その上、お米を食べない食事までして糖質制限しているのに痩せない・・・なんて事になったらダイエットなんて嫌になって当然です。

なので『制限をする』ではなく、『コントロールをする』という言葉に置き換えればいいわけです。

精神的にコントロールしようなんてそんな綺麗事は言いません。

 

 

私は物理的にコントロールします。
 

 

不要な糖質・カロリーはカットするけど、米を食べる。

論より証拠。まずは下の写真を見てください。

チャーハン1

大盛りチャーハン
 

どうですか。大盛りチャーハンとかダイエット中に絶対食べちゃダメなタイプのご飯ですよ。

カロリー・糖質ともに爆上がり必須です。糖質なんてこれだけで1日の摂取目安量を軽くオーバーしていきます。

でも私はある事をしてダイエット中もこんなチャーハンをパクパク食べてました。下の写真を見てください。

赤チャーハン

糖質・カロリー約50%カットチャーハン
 

何を言っているのこの人、そんな事できるわけないじゃないと思われそうですが、出来るんです。そう・・・

こんにゃく米1

 

こんにゃく米ならね!

 

ここのこんにゃく米はマジですげぇと思った理由。

こんにゃく米ってご存知ですかね?ご飯の糖質とカロリーを抑える為に使う、かさ増しの代表格みたいな存在です。

随分前からある食品ですけど、カサ増しできる代わりにいろいろデメリットもあったんですよ。

【今までのこんにゃく米あるある】

第1にマズい。食感最悪。

第2に臭い。

第3に保存が効かない。

第4にコスパ悪い。

第5に手間がかかる。

 

 

フルボッコすぎんだろ。
 

 

今までのこんにゃく米は空腹になるぐらいなら、不味くてもこれで腹を膨らませるしかない!的なポジションだったんですが、私が使っている神戸食品産業さんのこんにゃく米は今までのデメリットをすべて克服したパーフェクトこんにゃく米ですよ。

 

今まで7社のこんにゃく米を使ってきましたが、すべてにおいて圧倒的上位ですよ。それでは今までのこんにゃく米と比べてどれだけ優れているかお話していきます。

 

【食感について】
 

今までのこんにゃく米は食感が非常に悪くて、それが不味さをより一層引き立ててるんですよ。なんかタピオカみたいな丸い粒がご飯の中に紛れてるというか・・・。

ですが今回のは違います。見てくださいこれ。

粒

こっ・・米粒の形してやがる・・!
 

はじめ見た時びっくりしましたよ。そこまでやるかと。

ただここまでやったからこそ、白米に混ざっても不自然感を大幅に解消させる事ができたんだと思います。ワザありすぎて惚れます。

 

【臭くない!】
 

こんにゃく米の最大の敵は臭いですよ。

炊き上がると少量しか入れてなくても漂うあの臭み。

今回のこんにゃく米は本当に臭いが少ないんです。これは本当に大きなメリットですよ。

上記の通り、食感と臭いの不自然さを大幅にダウンできるという事は、普通に白米食べてるのと同じ感覚になるわけですから、こんにゃく米を入れてもバレないわけです。

自分はダイエットしたいけど、家族まで巻き込みたくない・・・と考えている人には特におすすめ。

逆に旦那が最近太ってきたな・・・と感じた奥様はこっそりこんにゃく米入れちゃえばいいわけです。

 

うちの旦那は気づいていない。

 

今ダイエットしてるという事にね!

 

みたいな。

 

【保存が効く!】
 

こんにゃく米って今まではほとんどは生タイプだったんですね。生だから当然保存は効きません。

今回のこんにゃく米は乾燥タイプで着色料も保存料も使っていないのに、約1年間の保存が効きます。非常食かよってレベルで保存できます。

また余ったご飯とかって冷凍するじゃないですか。今までのこんにゃく米って1度冷凍したものを解凍すると水分が離水しちゃってもう何がなんだかわかんないぐらいベチャベチャになるんです。

けど今回のこんにゃく米はそれが出来るんですよ。私は一度にまとめて炊いて使用用途に分けて計量して冷凍してます。

冷凍

保存が効いてとっても便利。
 

【コスパ良し!手間もかからない!】
 

今までのこんにゃく米は『安い=マズい』『美味い=超高い』という2つに1つでした。高いやつなんて0.5合分で500円とかですよ。食費がお亡くなりになるわ。

どんなに美味くても高くちゃ続けられないし、いくら安くてもマズくて食えたもんじゃないじゃどうしようもない。

けど今回のこんにゃく米は約100~120円程度。お試し版と通常版で値段は違いますが、『安い=美味い』を実現してます。

あと通販大好きっ子の私からすれば送料無料が地味に効いてる。というかかなり嬉しい。

 

【作り方も超簡単】
 

入れるだけ

入れるだけ。おわり。
 

【美味しく食べるコツ】

 

・上記のチャーハンは糖質カロリーを50%カットしたチャーハンなんですけど、普通の白米で食べるなら30%カットぐらいが個人的におススメ。

・徐々にこんにゃく米の量を増やしていくのがポイント。はじめは少量からが吉。

・こんにゃく米の割合を多くして糖質・カロリーを大幅にカットしたい時はリゾットや雑炊などの味をつけるとさらに美味い。

・ご飯の炊きあがりは普通のお米より柔らかく感じますが、炊き上がったら十分に蒸らして、かき混ぜてください。

・人それぞれですが、しっかりとした固めのお米が好きな方、チャーハンなどにしたい方は規定の水分量より少しだけ減らした方が美味しくできます。

・はじめは普通の白米の炊きあがり方と違うのでびっくりしますが、2回もやれば馴れます。

・炊き方ガイドブックもついてきますので変に身構えなくても大丈夫です。詳しくはそちらを参考にしてください。

お腹を上手くごまかす事がダイエット成功の鍵

ダイエットというと少食だったり空腹の連続だったり、我慢だったり、最近で言えば糖質NGなんて言われますね。

空腹や我慢は上記にも書いた通りストレスの素でもあるし、糖質は体に必要な栄養でもあるけど摂り過ぎればデブの素にもなります。

痩せたい!ダイエットに成功したい!と思えば思う程、自分に何かしらの『制限』が付きまといますが、やり方次第ではその制限は解除できます。

今回のこんにゃく米はそれの良い例です。

ダイエット中はお米を食べない、常にお腹の減り具合と闘うなんてことは今回のようなやり方次第では全く必要ありません。

 

逃げ道を作ってダイエット中のストレスを分散させる。

 

空腹とは正面から戦わない。

 

食への不満を持たないようにする。

 

40kgのダイエットをした私はいつもこんな風に考えてダイエット中の食事を考えて実行に移していきました。

こういった行動はダイエットにおいて非常に有効です。誰だって空腹にまみれてダイエットなんてしたくないでしょ。

ストレスが溜まって余裕が無くなりカツカツになってしまうと『自分はこんなに少食にしてがんばっているのに痩せない!』という風になってしまいます。

『食事制限』や『糖質制限』というマイナスワードから『食事をコントロールをする』『糖質をコントロールをする』というプラスワードをあなたのダイエットにも採り入れてみてください

食への不満がなくなれば、心にも大きく余裕ができてダイエットのストレスが大幅に軽減できます。

ストレスを溜めずに上手にダイエットできるように皆さんも行動していきましょう。

おすすめのこんにゃく米

※画像をクリックすると詳細ページが開きます。

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。

「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」

ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。

フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-こんにゃく米を食べてみる。, ダイエットについて考えてみる。, 糖質制限ダイエットを考える。, 習慣について考えてみる。, 食事に気をつけてみる

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.