ダイエットについて考えてみる。

スマホとダイエットの関係を見直す話。

更新日:

スマホ

どうもコニチワ。エトです。

今日はスマホをテーマにダイエットと併せてお話しましょ。

ほとんどの方はスマホ持っていますよね。昨今のスマホは本当に高性能。何をするにしてもスマホを経由してできるようになりました。

現にこのデブ革命に来てくださる方々の80%はスマホで閲覧されています。

ちょっと調べたい事があれば簡単に情報を引き出せて、気軽に写真を撮れて、SNSでアップしてなんて動作が瞬時にできるんだからそりゃ便利だ。

ただ個人的には簡単すぎるのがちょっとやっかいだなと思う時もあって、瞬時に簡単に答えを引き出せるという事は、その人から考えるという事を奪っていると感じるんです。

スマホを通して得る情報に共感できる事は多々あってもそれを自分に落とし込む行為が欠落しがちな気がします。

私はなにか大事な事を考えるときはかならず『鉛筆と紙』派です。

今の時代からは確実に取り残されている存在ぽく見える時もありますが、スマホでは出来ない事がいっぱいありますし、効果は絶大です。

紙に書いて初めて見える事がたくさんある。

マインド

このモジャモジャしているイタズラ書きみたいなのは、今作っているサイトの概要を書き出したものです。

『マインドマップ』なんて言われ方をしますが、人々がどんな思いがあるかという事をビッグワードからミドル、スモールまで落とし込んだ内容です。といってもマインドマップとしてはかなり簡略された内容ですが。

じゃあこれをスマホやネットで出来るか?といったら相当思慮深い人でないとここまで頭の中で組み立てる事はできないんじゃないかな。

鉛筆と紙って自分の頭の中の考えや意見を紙に書き出して目にすることによって気づく事のほうが明らかに多いはずです。

スマホは確かに便利。便利だけど得られるものは大抵『簡略化された答え』なんです。モノによっては『答えに近い何か』だったりするわけです。決して正解ではない。

スマホやネットに頼りきっていると思考が停滞するというか、本当に自分が知りたい答えにたどり着けなくなってしまう事もあります。

私もネットがないと生きていけないそんな体に調教されてしまいましたが、そんな体になったからこそ『鉛筆と紙の重要性』を身をもって知る事ができました。

で、長くなりましたけどダイエットとどうこの話に関係あるかというと・・・

ダイエットの情報を調べたら、そこに載っているの事が全てだと思わないで、紙に書いて、そこから何がどんな事が派生するのかを書き出してごらんという話です。

他人が書いた答えではなく、あなたの中に眠る疑問や悩みでもいいんです。むしろ場合よってはそれが答えだったりするわけですから。

足痩せしたい!と思ったらなんでそうしたいのかを書き出して、そもそも足が太くなった原因や行動、足を細くするためにはどうすればよいのかを鉛筆と紙で自分でゴールへの道筋を書いてみてはどうでしょ。

スマホの中に最終的な答えや結論を求めてないで、それまでの道筋を考えるのも自分に必要なダイエットでやるべき事なんだと認識できるかもしれない。

他人に教えてもらった答えより、自分で導き出した答えの方が遥かに自分に落とし込みやすいかもしれない。

ちょっとダイエットが思い通りいかなくても、思考が強くなっている人は『じゃあどうするか?』と考え始めるはずです。

考える人っていうのはどんな事にも強か(したたか)になれると私は思うんです。

すべて憶測の範囲から出る事の出来ない話ですが、やる価値ありますぜ。

こんな事書くとデブ革命いらないじゃんと思うでしょうが、それは横に置いておきましょ。

 

 

そして忘れなさい。
 

 

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。

「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」

ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。

フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.