ダイエットについて考えてみる。 大きいサイズの服について。

スリムフィットジーンズを初めて穿いた時、どう思った?

更新日:

おどろく

『そらびっくりしたよ』

 

どうもコニチワ。エトです。

痩せて驚いた事教えて!と言われたものだから、今日はスリムフィットジーンズを穿いた日のお話をしてみますよ。

まぁ最初に感想が出てますけど、一番最初に出てきた感情は『うそだろ?穿けたけど?どっか破けてね?これゴム製?』という感情でした。

スリムフィットジーンズなんてデブだった私には到底縁のない存在。距離で言うと約12光年離れている『よくわかんない物体』でした。

痩せて服の制約を受けなくなったので、意気揚々と服を買いに行ったのですがとにかくサイズ感がわかんないんです。

長年太っていたので普通のサイズが全然理解できないんですよね。

40kgも痩せたからせっかくなので奮発してちょっとお高めのショップに行ったんですけど、店員さんがやたら小さいサイズを勧めてくるので恐怖しかないですよ。

いやいやどう考えても小さいよ(笑)と言うんですが、すごい不思議そうな顔をするんです。

え・・でも・・これぐらいのサイズだと思うんですけど・・・と引き下がらないから、絶対入らないよ(笑)といいながら試着してみたらすんなり入るんですよこれが。

 

 

あれは焦ったな。ほんと。

 

 

どっか破けてしまったんだ、はちきれてしまったんや!と何度も鏡で見直すんですけど、破けてないどころか似合ってるんですよ。

 

 

自分でいうのもなんだけど。

 

 

こ・・・これがスリムフィット・・・!なんて綺麗なシルエットなんじゃ!妖に化かされてるんかおいどんは!?みたいな。

メンズジーンズって大まかにこんな風に分かれているんです。

スーパールーズ

ルーズフィット

レギュラーフィット

ブーツカット(ものによる)

スリムフィット

といった順序で細くなっていくんです。かつては古着屋でアルバイトしてたからジーンズ好きだったんですけど、今まで穿いたジーンズってルーズフィットが最小だったんですよね。

社会人になってからはほとんどスーパールーズ。だぼだぼで好きじゃなかったなぁ。着方次第で味はでるんだけどね。

それがいきなりスリムフィットに飛び級するもんだからびっくらこきました。レギュラーフィット未経験になるなんて思いもしなかったです。

マクドナルドで例えるならチキンタツタからフィレオフィッシュへ。ハンバーガーは食べたことありませんみたいな。

痩せるとね本当に驚きの連続ですよ。

ベルトって腰骨に当たると痛いんだな!とも思ったし、そもそも肉が付いてたから腰骨自体がナイストゥミィトゥだったし。

エアコンの設定温度って夏場でも27度でもいいんだなとも気づいたし、夏気持ちいいななんて思っちゃったし。

私は元々顔が優しくないので、体がデカいだけで怖がられたけど今はそれもないし。

今まで経験したことがない事、新しい発見の連続です。楽しい事だらけ。

みんなもそんな風に楽しい毎日を送ってほしいと思うし、そうなるべきだと思うよ。本当にね。

記事を書いている人:エトさん
東京在住30代前半のナイスガイ(?)約6ヶ月間で110kgから71kgへの大減量を実現。

「ストレスがないようにダイエットすれば誰でも成功する。」

ストレスに着目したダイエットの経験や方法を中心に様々な視点で、ダイエット関係のことについて白目になりながら記事を書いています。ダイエットをがんばる皆さんのお役に立てれば歓喜します。

フォローしてあげると嬉しくてオシッコをもらすという噂もちらほら。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエットについて考えてみる。, 大きいサイズの服について。

Copyright© デブ革命 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.